ラーメン店

postheadericon 独立の形態

独立とは、自身で会社を興したりすることをいいます。この形態には様々な形があり、自身で何もないところから会社を興す方法もありますし、資格を取ってその道の専門家として成り立つ方法もあります。

最近では、コンビニとのフランチャイズ契約を結んだ後、独立する方法もあります。この方法は、今後、ますます増えていくことが予想されます。これは、もともとあるノウハウを活用できるので、独り立ちするには最善の近道であるといえるからです。

独立したい人におすすめ
今後、独立を考えていらっしゃる方に、開業する上で必要な事を簡単にご説明させて頂きます。
初期費用の内、加盟負担金以外にもかかる費用を調べておく事が重要です。なかでもコンビニ経営は人気で、一位セブンイレブン、二位ローソン、三位ファミリーマートは特に人気があります。

サポート体制のメリットとしては、初期費用が準備できない場合、契約社員から独立できる制度もありますし、研修制度や開店後のサポートも用意しているフランチャイズもほとんどです。

中華店

postheadericon フランチャイズの効果

独立を希望する個人や中小企業に対してビジネスチャンスを提供し、新規雇用を創出出来ることがフランチャイズビジネス最大の効果です。
またビジネス参加者だけでなく消費者にとっても効果は大きく、地方在住者でも首都圏同様の安価で良質なサービスや商品を得られます。
その代表がコンビニエンスストアや1000円カットなどです。

また、フランチャイズビジネスを中心とした関連事業やニュービジネスが生まれることによって、地域社会の経済が活性化します。

独立の概要
一人立ちすることであり、家族・勤め先・組織・宗主国(植民地を支配する国)といった他の支配から離れ、独自の自立手段や主権を確立することです。
同じ意味の言葉に、外来語のインディペンデントやインディーズがあります。
独立には、自分の裁量で自由に判断できて、なおかつ利益を独占できるというメリットがありますが、同時に自分が行った全ての責任を負わなければならないという重責もあります。

また、本来の意味とは少し異なりますが、コンビニエンスストアなどのフランチャイズ・チェーンに加盟して店を出すことも独立と言います。

ラーメン・チェーン店

postheadericon フランチャイズの概要

フランチャイズとは、事業展開のスタイルの一つであり、チェーン店とも呼ばれています。独立して自分の店舗を持ちたい場合に、加盟することによって開業に必要な知識や技術を伝授してもらうことができます。

さまざまなフランチャイズ店がありますので、どのような業種があり、自分に適するのはどこなのかを見極めることが重要です。コンビニなどの小売業、外食産業など、できるだけ多くの業種を見比べて選択するようにしましょう。

コンビニの現状
コンビニの現状は、ほとんどの店がフランチャイズに加盟しているので、本部と直接やりとりして在庫管理や売り上げの管理を行っていくだけで始められます。

独立する場合は、わずかな開業資金で開始することができるので、脱サラした人や定年退職した人などが、フランチャイズから始めています。
オープンする前には、立地条件や店の規模などについて、本部の方で調べてくれるので、初心者でも安心して任せられます。
仕事を始める前には研修も行うので、仕事の流れを掴めるようになり不安なく始められます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031